ラピスラズリのネックレス ~ロイヤルなブルー~

深くて艶やかな群青色のラピスラズリ

最も古くから、人々と関わってきた鉱物の1つで、様々な歴史と言い伝えを持つ石です。

 

 

紀元前3000年頃にはエジプトで、宝飾や工芸品として使われ、

また中世ヨーロッパの絵画の世界おいては

 

 

「ウルトラマリン(海の向こうから来た)」

 

 

 

と呼ばれ、その貴重さゆえに、聖母マリアやキリストのローブを描く際に限られた時もあったほどとか…

 

 

日本では 瑠璃 と呼ばれ、正倉院御物の中にありますね。

仏教の 「7宝」 の1つでもあり、特に奈良時代において、人気が高かったといわれています。

 

 

 

ラピスラズリはよく知られているし、見かける石ではありますが、

個人的には、なかなか思うような色合いのものに遭遇できずにいた石で、

最近ようやく、これは!という出会いがあり、はじめてネックレスにすることが出来ました。

 

 

写真ではその色合い、艶感がなかなか再現できずに残念ですが、

少しでも「王者らしい、堂々とした、高貴な…」という 「ロイヤル」 にふさわしいラピスラズリだとかんじていただければ嬉しいです。