ルーツ・アンド・ウィングスの中庭で


『Wings of Transformation (変容の翼)』とネーミングした タンザナイトのネックレス。組み合わせた石はムーンストーンです。 このタンザナイトをメインにした作品は、このカタチにいたるまでおよそ7年もの月日が流れています。 いちばん最初は、『変容』をテーマにしたネックレス兼用のブレスレットにはじまり、...

チェスのナイト(騎士)のチャームを使ったネックレスについての記事です。 チャームの元々の意味合いとチャームに象徴されるパワーを身に付けることについて書いてます。

ダークグレー色の粒から浮かび上がる青色の光が神秘的なラブラドライト。 見る角度によって、グレーの色調の中に、蝶の羽のような輝きが表れる石として人気のある石です。 このネックレスに使用した石は、ほとんど黒に近いような色合いですが、 多くのラブラドライトの連の中にあって、迷わず選んだ石たち。 その色調と質感にひとめぼれしたものです(笑)...

ルーツ・アンド・ウィングス(Roots & Wings-Crystal)の2016年は、 ジェム質の スピネル が虹色のようなグラデーション色に並ぶ、優美なネックレスからはじまりました。 名付けて ”虹の架け橋” 私たちの中には、虹色のような多くの可能性を秘められていること、 そして、一人ひとりの内にある『真・善・美』を表現することを祝福しているネックレスです。...

彩色の山水画を思い出させるような、個性的な魅力に溢れるエメラルド 。 このエメラルドは、地・水・火・風の4大エレメントの中でも、 「水」の要素を多分に持つ石で、とても清々しいエネルギーの持ち主。 制作中、深い森のイメージがずっとありましたので、珍しくタイトルをつけてみました。   ”Deep Forest Magic"...

モルガナイトのビーズをたっぷり使ったブレスレットの画像です。満開の桜のような世界をお楽しみ下さい。

大好きな画家・フラ・アンジェリコの「受胎告知」のポストカードを背景に

表面に沢山の穴がある黒色のビーズ。 溶岩のビーズで ラヴァストーンと呼ばれています。 ラヴァ=lavaは 「溶岩」のこと で つまり、火山のマグマが地表に流れ出して、冷えて固まった岩石です。 クリスタル仲間のハワイ旅行のお土産にいただきました。...

深くて艶やかな群青色のラピスラズリ。 最も古くから、人々と関わってきた鉱物の1つで、様々な歴史と言い伝えを持つ石です。 紀元前3000年頃にはエジプトで、宝飾や工芸品として使われ、 また中世ヨーロッパの絵画の世界おいては 「ウルトラマリン(海の向こうから来た)」...

さらに表示する