ラヴァストーン ~気は優しくて力持ちな溶岩のビーズ~

表面に沢山の穴がある黒色のビーズ。

 

 

溶岩のビーズで ラヴァストーンと呼ばれています。

 

 

 

 

 

ラヴァ=lavaは 「溶岩」のこと で

 

つまり、火山のマグマが地表に流れ出して、冷えて固まった岩石です。

 

 

 

 

 

 

 

クリスタル仲間のハワイ旅行のお土産にいただきました。

 

 

 

その彼女は、ハワイのスピリチュアルなスポットを周る中で、心身ともデトックスされ、オーラがとても軽やかになるのを感じたそう…

 

とても繊細かつ豊かな感性の持ち主であるその人が

たくさんの中から、ひと粒ひと粒を選んでくれたビーズは、ハワイの火山の女神ペレの祝福を受けたラヴァストーンです。

 

 

 

 

 

 

 

溶岩のイメージと見た目のごつさで、エネルギーは強そう、というイメージがあったのですが、

むしろ、優しく穏やかで、何より安定感やバランスのよさを感じる石。

 

”気は優しくて力持ち” という言葉がぴったりくる気がします。

 

 

 

 

 

ですが、どうやって使うかとなると、なかなかきまらず…

 手元に来てから半年程たちますが、ここにきてようやく、カタチになりそうです。