タンザナイトのネックレス 〜ジブン ニ カケル魔法 変容の時を乗り越える〜

『Wings of Transformation (変容の翼)』とネーミングした タンザナイトのネックレス。組み合わせた石はムーンストーンです。

 

このタンザナイトをメインにした作品は、このカタチにいたるまでおよそ7年もの月日が流れています。

 

 

 

いちばん最初は、『変容』をテーマにしたネックレス兼用のブレスレットにはじまり、

その後、何度もなんどもつくりかえてこの姿になりました。

 

そこで今日は、この『変容の翼』に関するストーリーを少しばかり、クリスタルヒーリングの視点をまじえて綴ってみたいと思います。

 

一般的に、石の意味や効果にはいろいろな見解がありますが、わたしにとってタンザナイトは

 

『変容』や『変化』を象徴するクリスタルです。

 

今から7年くらい前に、ビーズジュエリー制作のワークショップで、『変容』をテーマにした作品づくりで、メインの石にタンザナイトを選んだ時から、

 

私の中で、変容の石=タンザナイトというイメージが完全に定着しました。

 

 

 

あとから思うと、これはある種の「設定」や「意図」みたいなもので、

石に「設定」ないし「意図」を与えることは、クリスタルヒーリングにおいて、とても大切なことです。

 

 

もしかしたら(というか、おそらく)「石を設定する」と聞いても、ピンとこないかもしれませんが、

それはいわば、コンピューターをプログラミングするのに似ています。

 

 

コンピューターに、人間が意図した処理を行うためにプログラムするのと同じように、

石にもその性質にあった「設定」=「ふさわしい方向性」や「適切な指示」を与えることで、多くの場合、そのヒーリングエネルギーが動きだし、石のパワーが活用できるようになります。

 

 

ミネラルショー(石の展示会)などでは、世界的に有名なヒーラーがプログラミング(設定)した石やビーズというのも、販売されています。

わたし自身、はじめて目にした時はヒーリングを知らない時だったこともあり、

 

 

 

「それっていったい何??」

 

 

とずいぶんと怪しく感じたりもしましたが。

 

話をネックレスに戻しますが、

最初にも書いたようにこのタンザナイトのジュエリーだけは、数えきれないくらい、手を入れたり、つくりかえてきた作品です。

 

パーツや石の交換といったちょっとしたものから、

全体のデザインの変更、そしてまた、他の作品もあわせてバラし、あらたにつくり替えた大掛かりなものまでと、

ちょっと変えてみたいなぁと感じたら、すぐにそうしてきました。

 

その中には、いつもすることのない、無理やり仕上げるといった、いわゆる力わざみたいなことも実験の意味でやってみたりもしましたが、すぐにイヤになり、またすぐにバラしつくりかえることに…。

 

いつもはしないようなトライ&エラーが数多くあるのも、特徴の1つかもしれません。

 

 

 

 

そしてついに、

 

昨年の暮れか今年のはじめだったかこの作品に関して、ようやく1つの着地点についたような感じがする時がきました。

 

 

 

 

「おさまるところにおさまったな」

 

 

という感覚です。

 

制作の手をどこでおさめるかというのは、迷うことも多いのですがスンナリここだとわかったのは、さすがにこれだけ関わってきたからでしょう。

 

 

そしてまた、

 

 「ずいぶん堂々としたネックレスになったなぁ〜」と自分でも関心してしまいました。

 

 

 

 

7年前、もともとはブレスレットとしてスタートしたものが、

組み合わせの石を変え、デザインや形を何度なんども変え、まったくもって想像もしなかったジュエリーとなって目の前にあるのです…

 

「変貌」といってもいいような変わりようを、ある種の感慨をもって眺めているうちに、

このジュエリーの変遷自体、この7年余りの私自身の変化の大きさと、その変わり様を映し出しているみたいにも思え、

そこでふと気づいたことがありました。

 

 

 

石に与えた「変化・変容」の「設定」はいうのは、じつは自分に対する「設定」だったのではないかと…

 

 

それはつまり、

 

 

「自分が変化・変容することに」対して許可する=GOサインをだす「設定」だった

 

 

ということです。

わたしはヒーラーとして、ヒーリングのセッションをしていたこともあるのですが、

人によっては、ヒーリングを申し込まれてから、実際にセッションを受けにくるまでの間に症状が改善されていたり、状況がかわっていたりすることも少なからずありました。

 

 

 

じつは…

 

ヒーリングを申し込んだ段階から、多くの場合、その方のヒーリングというのはすでにはじまっています。

 

水面下で始まっているという感じなので、本人は気づかないことの方が多いのですが、

ヒーラーとしての経験からも、わたし自身の体験からも、これは確信をもって言えることです。

 

申し込むという行為は、自分を癒すことに対しOKをだすことに他なりません。

 

ヒーラーが行うことは、あくまでサポート。

 

その時に最適で、できるだけパワフルなヒーリングになるようお手伝いすることで結局のところ、自分を癒すのは自分自身です。

 

 

 

今回のタンザナイトの場合もこれと同じだなと直感しました。

 

パワー―ストーンや石の力というと

石が何か特別な力を与えてくれるようなイメージがするかもしれませんが、そういうわけではありません。

 

 

 

その人の目的や意図とその波動が、石の波動と一緒になった時に、

目的や意図を実現させるために後押しする力となる

 

 

 

 

それが 石の力を受け取るということであり、

 石の力を受け取るには、石に対して開かれている(オープンハート)ことが必要です。

 

今回、わたし自身がまさにハラで感じたことでもありました。

 

 

そしてもう1つ、

自分に設定したその「変化・変容」の内容(メッセージ)が

 

『 ありのままの自分を認め、受け入れて、自分自身を生きていくこと』

 

であったことに気づき、さらに驚きました。

 「変化・変容」の内容(メッセージ)までは、制作にあたり特に考えたわけではなかったからです。

 

 

 

 

当時、制作にあたっての課題は「好きなもの」を1つ選び、掘り下げていくことで、

わたしが選んだ「好きなもの」は、

その頃強烈に惹きつけられていた「ヒヤシンスの青紫色」

 

そこから『変容』というテーマが浮かんできましたが、

その時は、ただ漠然と『変容』について意識しただけで、具体的に何を・どう変容させたいか、みたいなことは殆ど考えもしませんでした。

 

制作にはいってからもそれは同じで、

いつも石との交流からうけたインスピレーションをただひたすらカタチにしていくことだけに集中し、作品と向き合ってきました。

 

 

 

 

『変容』の内容(メッセージ)まで意識したことがなかったにもかかわらず、

1つの着地点にたどりついたそのネックレスみたときに

 

むかしからずっと思い続けきた、自分はこうありたい、こういう人生にしたいという、

自分の希望するあり方への「変化・変容」のメッセージがちゃんと込められていることにいい意味でのショックを感じました。

 

無意識の力ってほんとうにすごいな…と。

いま改めて振り返ってみても、

個人的にこの7年間はほんとうに大きな変化の時で、そんな時を共に乗り越えるパートナーとなってくれたタンザナイト、

そしてここに至るまで作品に登場してくれた全ての石たちに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

 

あっ、

 

参考までに、タンザナイトの石の特徴ですが、

基本的に、ネガティブなエネルギーをポジティブに変換する作用に優れていると思います。

また、自分の内側を旅して洞察を深めたい時や、霊的な領域へのアクセスをサポートする働きもあります。

 

高貴さと恐れ多さを感じさせる石で、個性も強く、万人向けではありませんが、

本気で自分を磨き、高めたい人には頼もしい力となってくれる石です。

 

 

 

また、ムーンストーンは、穏やかで優しい波動をもつ石です。

気持ちを静めたり、否定的な感情を手放し、クリアにしたい時によいでしょう。

また、インスピレーションを受け取りたい時もサポートとなってくれる石です。

 

 

 

 

 

わたしの変化・変容の旅は、まだしばらく続きますが、

この7年間でもっとも大きい変化をいうなら「受容する力」。これに尽きると思います。

 

以前と比べ、自分を受け入れることができるようになってきたな、と感じることが格段に増え、また、そういうふうに感じる自分がうれしく感じます。(家族からも別人のようだと言われています)

 

自分を認め、受け入れる力が増してきたことにより、自分の不安ともちゃんと向き合えるなったためでしょうか

 

 

 

 

「どのように状況が変化しようとも、結果はかならず良い方向に向かっている」

 

 

 

という根拠のない確信が、不思議と自分の中にあることに最近になって気づきました。

 

タンザナイト&ムーンストーンのコンビにサポートをお願いしながら、この変化の波をしっかり乗り切っていこうと思います。

さいごになりますが、

ネックレスのセンターの部分が「翼(ウィング)」のようにも見えるのは、嬉しい誤算(偶然)でした。

 

わたしのクリスタルジュエリーのサイトは「ルーツ・アンド・ウィングス」というので、ちょっとシンクロとだなぁと。

そこで、作品のタイトルを『変容の翼』にして、ブログのアイコンにもしてみました。

 

誤算といったのは、「翼(ウィング)」は、もともとこのデザインのイメージソースにはなかったものなので…

これは内緒ですが(笑)

 

 

次々と思い出されることが多く、とりとめのない文章になってしまいましたが、石の世界はほんとうに限りなく豊かでユニークです。

また今後もヒーリングの視点をまじえ、少しずつ綴っていきたいと思います。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。