アンデシンのネックレス ~地に足のついたスピリチュアリティ~

ひときわ目を引く赤褐色丸いビーズと、うっすらと緑がかった透明感のあるカットビーズ。

どちらも アンデシンという石です。

 

主に中南米、モンゴル、チベットなどで採れる石ですが、中でも濃厚な赤褐色が美しいチベット産は希少石の1つ

 

使用したビーズは、

こっくりした赤色も、緑色を内包した透明感のある薄り色も、どちらもぞくりと感じるほど美しく、形容する言葉がみつかりません。

 

 

抽象的な言い方になりますが、”高い霊性”を感じる石というのが最初に感じた印象で、

チベットでは

 

『聖なる石』として扱われると聞きましたが、まさにそういう感じがします。

 

 

 

 

 

アンデシンは、2002年に発見された比較的新しい石ですが、

今まで存在しなかったというよりも、

ここにくるまで発見されていなかっただけで、今の時代になってようやく見つけられた石、というふうにも言えると思います。

 

 

 

よく、

 

若い世代の人たちを旧世代の人たちは、『新人類』などと呼んだりすることがありますが、

石の世界にも似たようなところがあって、

近年みつかった石というのは、古くからある石とは違う特性を持っていると感じます。

 

例えば、ルビー、サファイア、エメラルド、ダイアモンドなど、いわゆる”貴石”と呼ばれる古くからある石は、例えていうなら

 

 

 

王権」のようなある種の絶対的な強さ

 

みたいなものを感じますが、

一方、ここ30年くらいの間に発見されたスギライト、ラリマー、チャロアイトといった石はいずれも

 

 

ヒーリングストーンと呼ばれ、特に癒しの作用に秀でるものが多いです。

 

 

さらに、クリスタルヒーリングの視点を加えるなら、

対応するチャクラが、上のチャクラ(第6、7,8チャクラ辺り)が多いのも特徴の1つ。

 

「霊性」とか「魂」の成長を促す、というと大袈裟に思うかもしれませんが、

とにもかくにも、自分の本質を生きることを促されている時代なのだと感じます。

 

 

で、今日のタイトルですが、

ネックレスを制作中に感じていたこと=地に足のついたスピリチュアリティ、をそのままつけてみました。