新たな扉を開いた赤いビーズ

印象的な赤色のビーズは、メイン・イン・アフリカのアンティークのガラスビーズ です。

 

  

じつはこのビーズ、20年くらい前に購入したネックレスをばらしたもの。

 

7~8年前に、持っていたジュエリー&アクセサリーを整理した時に処分せずに、手もとに残したものです。

 

現代ビーズではあまりみかけない、真紅の発色には

歳月を経ることによってのみ醸し出される、そんな雰囲気すら感じます。

 

 

 

 

その後、ビーズワークをするようになって、何度も何度も取り出してはみたものの、

どうしても使えなくて、ずっとパーツのままだったのですが、

 

今回、ようやく日の目をいることができました。

 

ワタシは、モノに関しては思い切り処分するほうで、実際に、これまでもかなりのものを整理し、手放してきましたので、

 

そういう中で残ったものが、こうして新たな ”カタチ” となって

前とは異なる新たなエネルギーを発することに大げさなようですが、ある種の感慨すら感じます。 

ガラスビーズには、天然石とはまるで異なる種類の独特なエネルギーを感じるので

天然石と組み合わせるのは、意外と簡単ではないと感じています。

 

何度もトライしてきましたが、納得のいくものにはまずならなかったので、

最近では、組み合わせることすらなかったのですが、

今回は珍しいくらいに、スンナリはまってくれましたね。

 

 

 

「ああ、こんなふうにできるんだなぁ~」と。

 

 

 

 

みたところは何の変哲もなり、ただの赤いビーズなのですが、

こうして新たなカタチを作る中で、私の中で、ちいさな扉が開きました。