ナイト(騎士)モチーフのチャームのネックレス  

チェスのナイト(騎士)のチャームを使ったネックレスです。

 

 

このチャーム、じつは20年以上も前に購入したイヤリングのパーツで、

イヤリングとして付けることは、あまりなかったのですが、雰囲気が好きで、時々取り出しては眺めたりして、ずっと大切にしてきたもの。

 

先日、ふと思い立って

 

ブルーオパールのビーズと組み合わせてみたらこれまた良い感じかな…と。

 

そこで、手元にあったビーズのいくつかとあわせて即興的に、チャームのネックレスが出来上がりました。

 

 

 

 

 

子供のころから、チャーム(charm) が好きで、買い物などにいくと、ついつい目に留まってしまいます。

 

ここでのチャームは、「装身具につける小さな飾り」のことですが、

チャームという言葉自体には、大きく2つの意味があります。

 

 

 ①「人を引きつける力。またはその魅力」

 

 ②「ネックレスやブレスレットなどの装身具に付ける小さな飾り」

 

 

また、語源はラテン語の「歌や詩、魔法の呪文、神託」を意味する「carmen」からきているそうで、

「装身具につける小さな飾り」のチャームにはもともと  

 

護符、魔除け、お守りという意味を持ちます。

 

 

 

 

一方、チェスはやったことがないのでよくわかりませんが、

 

このナイト(騎士)という駒は動き方に特徴があり、

進む先(着地点)に自分と同じ色の駒がなければ、障害物(相手の駒)を飛び越えることができる、という特殊な動きができるのだそうです。

 

少しトリッキーな動きができるというところが魅力のようですね。

 

 

 

 

 

ナイトが持つ障害物を乗り越えて、先に進むという特徴は、

 

私自身が、ちょうどそういうパワーが今、必要な時なので、自分にふさわしいチャーム=お守りのネックレスがつくっていたことに!

 

また、ブラックスピネル&ブルーオパールのコンビネーションによる石のパワーも、

総合的に見ると『乗り超えて進む』 いう意味にふさわしいものがあるので、

 

人は無意識のうちに、自分に必要なもの、あうものを選ぶのだなぁ〜と独りでちょっとニンマリしています。